保育・教育の無償化について


自民党は先の衆議院選挙の公約にも掲げた全世代型社会保障制度を実現すべく、国会内で与野党とも協議を進めています。
かねてより連立与党の公明党とも議論を重ねて参りました幼児教育の無償化が主となっており、今国会の争点の一つとも言えるでしょう。
その他にも今年6月に厚労省が発表した「子育て安心プラン」を前倒しして進める方針で、待機児童解消のために保育施設を増やすだけでなく保育士の方の待遇を改善するなどし、保育人材の確保にも努めます。
また、幼児以外の教育の面では、低所得世帯の子供たちが高等教育をあきらめることなく進学できるよう、高等教育の無償化も進めていきます。
詳細はこちらをご確認ください。